設備概要

FACILITY
1.燃料置場

パーム椰子殻(PKS)は、海外より発電所に隣接する埠頭に荷揚げし、燃料置場に一時保管します。

2.燃料ハンドリング設備

飛散防止カバー付きベルトコンベアで燃料となるパーム椰子殻(PKS)を発電所まで搬送します。

3.燃料サイロ

ベルトコンベアで搬送されたパーム椰子殻(PKS)は一時燃料サイロに保管します。

4.循環流動層ボイラ設備

パーム椰子殻(PKS)をボイラで燃焼し高圧蒸気を発生させます。

5.蒸気タービン発電設備

発生した蒸気を動力源とし蒸気タービンを回転させて、最大74,900kW発電します。
(年間発電量約6億kWh)

6.送電設備

発電した電気は、送電線を経由し北海道電力ネットワーク(株)本輪西変電所まで送られます。

7.冷却水設備

冷却水は工業用水を利用し、冷却塔で冷却後、循環します。

8.ユーティリティ設備

空気圧縮機、純水製造装置、薬液注入装置が建屋内に設置されています。

9.中央操作室

装置の運転管理はコンピューターで集中管理・制御をしています。また、カメラによる監視も行っています。

発電所設置者 ENEOSバイオマスパワー室蘭合同会社
(ENEOS株式会社 90% 日揮ホールディングス株式会社 10%)
発電所の名称 室蘭バイオマス発電所
発電所の所在地 北海道室蘭市港北町1丁目3番1
原動力の種類 汽力(循環流動層ボイラー:CFB)
出 力 発電端出力 74,900kW(発電量 年間約6億kWh)
燃 料 パーム椰子殻:PKS(Palm Kernel Shell)100%
工 程 工事開始:2017年8月 運転開始:2020年5月

設備の概要

燃料置場について

PKSは、海外より発電所に隣接する埠頭に荷揚げし、防塵フェンスにより飛散防止対策を施した燃料置場に一時保管し、その後、飛散防止カバー付きベルトコンベアで発電所に搬送します。

送電線について

発電所から北海道電力ネットワーク(株)本輪西変電所まで送電線を設置し、発電した電気を送ります。